ライフログ管理にえばろぐを使ってみることにした

スクリーンショット 2012 10 04 5 16 28

どーも。taka(@takaiphone2010)です。

先日、IFTTTのサービスでTwitterをトリガーとしたルールが利用できなくなりました。IFTTTのサービスを利用している方には大きなニュースで影響を受けた方も多いのではと思います。私も影響を受けた一人です。さらに言うと、かなり影響を受けたと言いたいです。

SPONSORED LINK

ライフログ管理のルールが崩れた、、、

なぜ、影響が大きかったかというと、IFTTTで作り上げたルールを使って日々のライフログ管理の一部を構築していたからです。使い慣れた日々の運用ルールを崩されるのはかなり痛いです。
過去の記事にも書いているのですが、私はライフログをいったんプライベート用のTwitterに可能な限り集約し、そのTwitter発言からIFTTTを利用して自動的にEvernoteへ情報の振り分けをしていました。下記の記事は一例ですが、同じようないろいろなパターンのライフログ用ルールを作っていました。
Cross Mode Life – 思考ログをtwitter経由でEvernoteへ保存していく方法

最終的にはEvernoteなのですが、まずはTwitterへ集約というところで、Twitterへライフログをはくために「Twittin」というアプリを愛用してきました。
Cross Mode Life – twittinがアップデート。ライフログ用twitterクライアントはこれに決まった。

今回のTwitterトリガーが利用できなくなったことで、上記の運用が利用できなくなってしまいました、、、

Twitter経由をやめることにした

いろいろと悩んだあげく、現状、IFTTTに代替されるサービスもないようなので、なにかを犠牲にするしかないかなと思いました。結論としてはTwitter経由の運用をやめることにしました。
自分の中でTwitterに集約するメリットとして時系列で振り返れるという点と、とにかくつぶやくだけでよいこと(操作がスピーディーで簡単)という点がありました。時系列の部分は、現時点で考え直すと、Evernoteのノートを時系列で見れば見ることができるのでよしとすることにしました。一番痛かったのはスピーディーで簡単な操作を実現していた、使い慣れた「Twittin」が使えなくなることでした。

えばろぐを使うことにした

ということで、これからのライフログはTwitter経由ではなくEvernoteへ直接登録していくことにしました。あとは、これまでTwittinで実現していたスピーディーで簡単にを代替するものを探さなかればならないということで、いろいろと悩んだのですが、最終的に、Evernoteの登録用テンプレートを複数管理できる「えばろぐ」を使うことにしました。
「えばろぐ」は以前から知っていたアプリでしたが、私が昔使ったときからかなりバージョンアップを進んで、今回の「Twittin」に代替できる私のニーズを満たしてくれそうです。簡単に私の設定画面を紹介します。

▼私が作成したテンプレート一覧です。アイデアや思考ログなど、これまでTwitterへつぶやいていた内容のテンプレートを一式作成しました。

▼テンプレートの設定画面です。ひとつひとつのテンプレートにノートブック、タグはもちろん、固定のキーワードをあらかじめセットしたりだとか、日付を、いれるだとか、かなり詳細な設定が可能です。

▼投稿画面です。あとは、ログを残すタイミングでえばろぐを開いて、該当するテンプレートをさっと選んで、ログ内容を記入して、右上の送信ボタンを押すだけです。しばらく運用すれば慣れそうです。

さいごに

とりあえず、IFTTTの影響から代替策を決定したということで、この「えばろぐ」を使った新しい方法で運用してみたいと思います。どんな世界にもありますが、頼っていた機能やサービスがいきなりなくなると、どうしても影響を受けます。それはそれで仕方がないことなので、めげずに代替案を適用していくしかないのかなと思いました。
今回のことで自分のライフログの運用ルールを見直すいい機会にもなったということでプラスに考えたいと思います。

えばろぐ - Log for Evernote えばろぐ – Log for Evernote
価格: ¥170
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。