iPhoneカメラを使って片手ですばやく横向き写真を撮るために工夫していること

iPhoneカメラを使って片手ですばやく写真を撮る方法

最近、自分の中でやたらと多いシーンがあります。

それが片手に子供を抱いているとか、買い物袋を持っている時とかにすぐに写真を撮りたい!という時です。

写真はiPhoneで撮るんですが、ブログが趣味ということもあり、横向きで写真を撮ります。その時にいつも手間がかかってイライラするのが片手で写真撮影がしにくいというところ。

最近特にこのイライラが溜まってきたので、片手ですばやく写真を撮れる方法を自分なりに追求してみました。

SPONSORED LINK

iPhoneのロック画面からの撮影

まず、iPhoneがロック画面になっている時です。

これは、iPhoneユーザーなら常識の機能ではありますが、あらためておさらいですが、ロックがかかっている画面からはロック解除なしにカメラを起動できます。下からぐにゅ〜っと引っ張って起動する方法ですね。

ロック画面からはこれ以上すばやい方法はないですよね。

なので、これを使うのは当たり前になります。

普通に縦向きで撮影する場合は、片手でも操作しやすいんですが、私は横向きで撮ることが多いので横向きで起動するのはちょいと慣れ(練習)が必要です。
iPhoneロック画面からのカメラ起動
親指で勢いよくひゅっとスライドさせるのがコツですかね。
iPhone横向きでカメラ起動する様子

通常画面からの撮影

私のようにiPhoneをよく触る人だと意外にロック画面になっていない状態からいきなり写真を撮りたいシーンはけっこうあります。

そこから片手ですばやくを追求した時にたどり着いたのはやはりこれ。

カメラアイコンをドックの一番右に持ってくること。画像は標準カメラですが、ここに自分がよく使うカメラアプリを持ってくればいいわけです。
iPhoneでカメラをすばやく起動するためにアイコン配置を変える
カメラを縦向きで撮ることの方が多いのであれば、もっと押しやすい場所にしてもいいかもしれませんが、私は横向きで写真をとろことが多いという理由からドックの一番右です。

iPhoneを横向きにした時に一番押しやすいのがここになります。
iPhone横向き片手で撮影

片手で撮影時のカメラの持ち方

これも、片手ですばやくを実現するための大きなポイントかと思います。

片手なので両手に比べてカメラが固定しずらいです。

いかに片手でカメラがぶれないように持つかです。

ネット上でも、iPhoneの持ち方はいろいろ紹介されてますが、私がたどり着いたのもやはりこの持ち方。(まぁ片手で横向き撮影しようとしたら必ずこの持ち方になると思いますが。)
iPhone横向きカメラ撮影時のベストな持ち方
中指から小指でiPhoneを後ろから支え、親指の付け根と人差し指に力をいれて固定します。

最終的には慣れる練習

最後なんですが、すばやく起動する環境面は整えたあとは、ひたすらその方法を使って慣れることですね。

縦向きなら難しくないですが、横向きを片手で実現するのはけっこう難しいです。スピードを上げるには慣れるしかないなと。はい。

私はもうだいぶ慣れました。けっこう早いですよ。

シャッターチャンスを逃したくないあなた。今すぐ片手でiPhoneから写真を撮れるように猛特訓しましょうw

SPONSORED LINK