Analytics Tilesが使えなくなったので、代わりのアプリはSimply Statsにしました。

SimplyStats

taka(@takaiphone2010)です。

先日、急に愛用していたAnalytics TilesというGoogle Analyticsの結果を閲覧するiPhoneアプリが使えなくなりました。(ログインができなくなりました。)

かなり見やすく、使いやすいと言うことで多くのブロガーの方が使われていたと思います。

けっこうな神アプリだっただけにいきなり使えなくなって私もショックを受けました。

しばらくは使えるようにならないかなと待っていましたが、その気配もなく、代わりの代替アプリを探すことになりました。

SPONSORED LINK

調べるといろいろと代替アプリが紹介されていたのですが、その中で私は「SimplyStats」というアプリを使うことに決めましたのでご紹介です。

決め手は私が普段見ている項目ができるだけシンプルに見れることなんですが、私が気に入ったポイントを紹介しましょう。

たくさんの計測項目が閲覧できる

ここは気に入ったと言うか、紹介なんですが、

▼こんな風に最初の一覧ページでたくさんの項目が選択できます。かなりたくさんの項目が見れるように用意されています。
SimplyStats

▼もちろん、私はすべて見るわけでもなく、私がよく利用するのは「Today’s Dashbord」と「Top Contents」と「Keywords」です。
SimplyStats

よく利用する期間指定が準備されている

1つ目のポイントなんですが、集計する期間があらかじめ用意されていて簡単に切り替えれることです。

▼期間指定は右上の時計ボタンからできるようになっていて、こんなふうに今日、週間、月間、昨日、先週、先月が簡単に切り替えれます。
SimplyStats

私の場合、実際によく使うのはこの準備されている期間で十分なんです。

今日の結果がすぐにまとめて確認できる

メニューの一番上に「Today’s Dashboad」という項目がそれです。

その日1日のページビューや訪問者数などを一覧表示してくれます。その日のアクセス数を見たい時にはここでこと足ります。
SimplyStats

アクセスコンテンツがタイトルで表示される

今日のアクセス数以外に私がよく見るのが、アクセスされているコンテンツ(ページ)についてです。

どのページがよく見られているのか?は気になるところです。

SimplyStatsのいいところは、このアクセスページの集計画面でそのページのタイトルが表示されることです。
SimplyStats

アプリによっては、URLしか表示されない場合もあります。ページタイトルで表示されるのとURLで表示されるのでは使い勝手がものすごく違いまして、ページタイトルで表示されていれば、どのページにアクセスがあるのか一発で把握できますよね。
これは大きいです。

検索キーワードも簡単に確認できる

最後に検索キーワードの確認ができることです。
SimplyStats
Keywordsというメニューを選択するだけで、その期間での検索キーワードが多い順に表示されます。どんなキーワードで訪れられているのかを見るのも重要ですし、楽しいですよね。簡単にこの検索キーワードを確認できるのは私にとっては重要な部分です。

ということで、SimplyStatsの紹介でした。ちなみに無料です。

といってもやはり、「Analytics Tiles」にはどうしても勝てないですね。

やはり「Analytics Tiles」の復活を望みます。

SimplyStats Analytics 1.6(無料)
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

2014年4月追記
待望のAnalyticsTilesが復活しましたね!
Analytics Tiles App 2.4(無料)
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする
SPONSORED LINK