ビジネスメール作業を効率アップするために私が辞書登録している用語6つ

ビジネスメール作業を効率アップするために私が辞書登録している用語6つ

私は仕事でメールを読み書きすることがものすごく多いです。

このご時世、仕事で電子メールを使うのはほぼ当たり前と言ってもいいわけですが、メールばかり書いていると、自然とよく使う用語や文章が出てくるわけです。

こういった用語や文章は辞書登録して、簡単に変換呼び出しできるようにしておけば、チリも積もれば山となるで、少しではありますが、メール作業が効率化されます。

今回は仕事のメール作業を効率化するために私が辞書登録している用語を紹介します。

その時の業務や時期などによって、登録する用語も増減があるんですが、ビジネスメールとして年がら年中変わらない、最低限登録しておいて損はないと思う用語を紹介します。

SPONSORED LINK

お疲れ様です。

まずはこれ。仕事では挨拶みたいなもんですよね。

私はよみを「おつ」で「お疲れ様です。○○の××です。」とまで変換できるように設定しています。

メールの最初にはほぼ出てくるお決まりなだけに、いちいち打ってられないですよね。

お世話になっております。

こちらは取引先やお客様向けの挨拶ですよね。

上記、お疲れ様〜と同じく、お決まりなので、このパターンも登録必須だと思います。

私はよみが「おせ」で「お世話になっております。○○の××です。」とまで変換できるように設定しています。

ありがとうございます。

こちらは使わない方はいないでしょう。

感謝の気持ちと言葉は常に伝えなければですね。

私はよみは「あす」で「ありがとうございます。」と変換できるように設定しています。

ありがとうございました。

先の「ありがとうございます。」と分けてます。

一文字違いですけど、どうしてもいっしょには使えないですからね。

「ありがとうございます。」が、「あす」なので、「ありがとうございました。」は「あた」で登録しています。

了解しました。

こちらもビジネスメールではよく使う用語だと思います。

私はよみが「りょ」で「了解しました。」と変換できるようにしています。

よろしくお願いします。

同じく、ビジネスメールではよく使う用語ですよね。

私はよみが 「よろ」で「よろしくお願いします。」と変換できるようにしています。



ということで、本当にビジネスシーンでよく使うものということで、選んでみました。

他にもその時に担当している案件名だとか、よくメールをやりとりする人の名前だとか、とにかく、状況に応じて、辞書登録はやっておくと便利だと思います。

キーボードのタイピングがどんなに早くても、一発変換の速さと正確さには勝らないと思います。

ほんの少しのスピードアップですが、本当にチリも積もれば山となるです。

メール作業が多い方は普通に使われていることかと思いますが、使われていない方は絶対楽になるので、利用してみましょう!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。