【ベビーフェンスの選び方】迷ったあげく西松屋の安くて手軽なベビーフェンスを買いました。

西松屋のベビーフェンス

子供が完全に1人で歩けるようになりました。もうあっちこっちに行き回って目が離せません。

我が家は2階にリビングがあるため、階段付近に子供が行くと非常に危険です。

ベビーフェンスは家を建てた時点で必需品と思いつつ、ゆっくりと探していました。

で、結局買ったのが、安価で手軽なものでして、西松屋の「かんたんベビーフェンス」という商品です。

SPONSORED LINK

ベビーフェンスの選び方のポイント

結局は自分の利用シーンにどれだけフィットするか?だけなんですが、私なりにベビーフェンスを選ぶポイントを書きます。

  • 設置場所が1つの場所に決まっているか?複数の場所で使うか(可能性があるか)?
  • 子供が大きくなるまで長く使うか?
  • 大人の通りやすさをどこまで優先するか?


大きくはこの3つで買う品が決まってくるんじゃないかと思います。

値段は安いにこしたことはないので、ポイントには入れません。

上記3つのポイントで、1つの場所で長く(子供がある程度大きくなるまで)使うのだったら、がっちりとした、大型のベビーフェンスを選ぶのがよいのではと思います。

例えば、こんなドア型でがっちりした商品ですね。

逆に家の中で状況に応じて複数の場所で使い、長く使わないのなら、安価で取り付け取り外しが簡単なものがいいのではないでしょうか。

3つ目の大人の通りやすさですが、これは設置する場所にもよりますが、大人の通り道に設置するのであれば、絶対に気にした方がいいです。

大きくはドア式でドアを開けて通るか、もう一つは足でまたいで通るかになります。

個人的にはまたいで通る方が圧倒的に早いし楽だと思います。(その代わり、またぎやすいからには高さが低いので、子供が大きくなると役目を果たさなくなる可能性が高いです。ここはトレードオフだと思います。)

私の場合は、複数の場所で使う(可能性が高い)、長くは使わない(まずは様子を見たい)、そして、設置場所が大人の通り道になるという点もあり、安価で手軽、そしてまたいで通れるものを選びました。

西松屋のかんたんベビーフェンス

西松屋で購入したベビーフェンス
そして、行き着いたのが、西松屋に置いてある「かんたんベビーフェンス」。サイズはS、M、Lとあってだいたい、自分の欲しいサイズが見つかるはずです。

お値段も非常にリーズナブルでSだと2000円切ります。

▼入っている部品もこれだけですね。
西松屋で購入したベビーフェンスの部品

▼組み立てもほんとに簡単です。説明書なしでいけますね。
西松屋で購入したベビーフェンスの部品

取り付けはかんたん!

ベビーフェンスの固定部分
取り付けは、いわゆる突っ張り棒と同じで、端っこがねじ式になっており、そこをギュッギュッと締めて行くだけです。

▼我が家は吹き抜けの手すりと壁の間に設置してみたのですが、片方が壁じゃなくても平らで頑丈なものであれば、しっかり固定されました。
ベビーフェンスの固定部分

▼取り付け完成はこんな感じです。
西松屋で購入したベビーフェンスを取り付けた様子

▼実際の様子。娘がつかまってもびくともしません。大人も窮屈にならないレベルの高さなんで負荷もほとんどかからないです。
西松屋で購入したベビーフェンスを取り付けた様子

さいごに

とりあえず、これでしばらく子供が大きくなるまで様子をみて、高さ的に役目を果たせなくなったら次の策を考えようと思っています。

しかし、最近はこのブログでの記事も子供に関する情報が多くなったなと感じます。

まぁ、仕事で忙しい中で、まっさきに優先されるのが子育てなわけで、書きたいと思うネタも自然と子育てネタになるのは、今の生活の状況を表しているのかなと。(最近はガジェットやiPhoneでいろいろと遊んでいる余裕がないっす。。。)

このブログはライフログも兼ねているので、いろいろとその時期の色が出ていいかなと思っています。

子供が大きくなったので、予定通り、ベビーフェンスを買い替えました。

追記です。その後子供が大きくなったので、想定通り、西松屋のベビーフェンスでは小さくなりました。

ということで、子供の成長に合わせて、ベビーフェンスの書き換えを実施しました。

こちらについては別記事にしていますので、ご参考までに見てください。
子供の成長に合わせてベビーゲートを買い替え。手頃な価格の日本育児のベビーズゲート | Cross Mode Life

SPONSORED LINK