MacBookAirの電源の接触が悪くなった時の対処法(私的に1番有効だった方法)

私的に1番有効だった方法
MacBookAir(MBA)を使って3年が経ちました。

実は少し前からひとつ気になり始めたことがありました。

それは電源をMBAに接続しても、反応がなく充電がされないことがあるというものです。

毎回ではなく、どういうタイミングで起こるのかイマイチ分からないのですが、よくその事象に見舞われるようになってきたので、さすがに気になって調べてみました。

SPONSORED LINK

いろいろと方法はあるが、電源アダプタを一定期間コンセントから抜いて放置する方法が有効だった。

ネットでパッと調べるだけでいろいろと対処法が出てきますが、私は電源アダプターをいったんコンセントから抜き、一定期間(数分ほど)放置して、再度接続するという方法が有効で、今のところ、充電できない状態に陥ったら、この方法でやるとほぼ確実に生き返ってくれます。

よくわからないですけど、コンセントから抜くことで、電源アダプターが冷えることがなにか起因しているのでしょうか?
いかにすばらしいMBAでも電化製品といえば電化製品なのでそれなりに長く使っていればガタもくるというもの。

こればっかりは仕方がないのかな〜と思ったりしてます。

地味にMBAの電源の買い替えサインな気がしますが、もう少し様子見てみようと思います。

SPONSORED LINK