スマホで手軽にファイル転送するアプリはやっぱり「写真袋」だわ。

スマホで手軽にファイル転送するアプリはやっぱり「写真袋」だわ。

スマホどうしでの写真や動画の受け渡し。

スマホが主流となった今はちょくちょく発生しますよね。

いわゆるファイルの受け渡しなわけですが、方法はいろいろとたくさんあります。

今回紹介するのは、もう昔からあって有名なアプリの「写真袋」。

とにかくスマホに詳しくない人でも使える初心者向けの写真や動画を転送するアプリですが、どんなに自分がスマホに詳しくても、初心者向けのアプリは持っておいて損ないですし、逆に使えば使うほど、よくできてるな〜って思っちゃいます。

SPONSORED LINK

手っ取り早いのはLINE

ファイルの受け渡し方法はいろいろとあるわけですが、スマホに詳しい人どうしならサクッと方法を共有して、受け渡しが終わるでしょうが、世の中にはスマホに詳しくない人の方が圧倒的に多いです。

そんな中、誰にでも簡単に受け渡すなら、今だとLINEなんじゃないでしょうか。

やっぱりLINEの普及率はすごいです。老若男女ほぼだれでもと言えるほどスマホに入っているアプリです。

LINEだと写真や動画も簡単にメッセージを送るのと同じように送れます。

LINEだと大きな動画なんかは送れない

ただし、LINEで動画を送ったりする場合は、やったことがある方はわかるかもしれませんが、ファイルサイズを落とすために自動的に圧縮がかかり画質が落ちたりします。

画質なんかは落としたくないという時には向いてないんですよね。

老若男女に使える写真袋

そんな画質を落とさずに、ファイルをそのまま受け渡したい、かつ、スマホに詳しくなくても簡単に使える方法。

これを実現してくれるのが「写真袋」じゃないかと思います。

写真袋のよさはとにかく使いやすさ。

スマホとかよくわからないっていう人でも使えるユーザーインターフェイスをしています。

写真袋や動画を送ったり、受け取ったりするときは「合言葉」を使います。

写真袋
▲写真を受け取る時は、友人から送られてきたURLをクリックすれば、自動的にアプリが起動して、合言葉を入力するだけです。(合言葉が入力済みにもできます)

合言葉ば合っていれば写真や動画を自分のスマホに保存できます。

写真袋
▲写真や動画を送るときも簡単です。
写真を選択して、合言葉を設定するだけです。

写真袋
▲写真のアップが終わったら、設定した合言葉を友達に教えなきゃいけないわけですが、それも、LINEやFacebookなどリンク先が用意されているのでそのまま送ることができます。

写真袋はiPhoneだけじゃなくAndroid向けのアプリもありますし、アプリさえ入れてもらえれば、ほんとに簡単に写真、動画の転送ができます。

スマホが苦手な方と写真や動画の受け渡しをするときには本当に使えるアプリです。

SPONSORED LINK