2016年4月の電力自由化の前に押さえておきたいポイント

電力自由化の前に押さえておきたいポイント

みなさま、「電力の自由化」という言葉は聞かれたことはあるでしょうか?

詳しいことはわからなくても、ニュースなどで聞いたことがあるキーワードだと思います。

私もキーワードは聞いたことがあるけど詳しいことはよくわからない人でした。

この度、この「電力自由化」の開始が近づいてきているということで、簡単にですが勉強しました。

「電力自由化」について素人目線で気になった点をもとに最低限抑えておきたいポイントをまとめます。

SPONSORED LINK

一般市民に関係する電力自由化とは?

まず、電力自由化とはなんぞや?というところですが、簡単にいうと、我々一般市民が電気をどこから買うか?つまり、電気を供給してくれる電力会社を選べるようになるということです。

私は中国地方に住んでいるので、中国電力、四国の方なら四国電力と、今までは自分の住んでいる地域の電力会社から電気を供給してもらい、電気代を払っていました。電気に関して電力会社を選べると言う概念がありませんでしたよね。

でも、電力自由化がスタートすると、例えばですが、私がおとなりの四国電力から電気を供給してもらうことも可能になるわけです。

電力自由化が開始されてなにがいいのか?

電力界者を選べるようになって一般市民の我々になにがいいのか?もちろん電気代が全国一律同じ値段だったら、なにも意味がないですよね。

でも電力自由化というのは、電力会社以外も電力業界に参入することができ、電気を売ることができます。もちろん電気代も商売なのでその会社が設定できるわけです。

つまり、これからは電話やインターネットプロバイダなんかと同じで、A社よりB社のほうが電気代が安いプランがあるという状況が出て来るわけです。

そうなると、当たり前ですが、安いところと契約した方が生活費がやすくなるわけなので、私たちにも得ですよね。

いつからはじまるのか?

そんな一般市民向けの電力自由化ですが、開始されるのは来年2016年4月です。

なにか準備が必要なのか?

電力自由化に向けてなにか、私たちが準備しなければいけないことがあるのか?これは特にないようです。

特に電力会社の切り替えなどをしなければ、当たり前ですが、今の電力会社から電気は供給されますし、なにも変化は起きません。

電力会社の切り替え方法は?

また、気になったのは具体的に電力会社を切り替える際にはどのような手続きが必要なのか?です。

この辺りはまだ具体的に見えていない状況ですが、電力供給元を切り替える場合には、「スマートメーター」なるメーターを家に取り付ける必要があるそうです。

おいおい、なんか高そうだなと思ったのですが、このスマートメーターの取り付け費用は無料だそうです。

このスマートメーターが付けば、あとはインターネットから電力会社の切り替え手続きができるようになるそうです。

このあたりは実際にやってみないとまだ分からないですね。

電力会社以外にどんな会社が参入してくるのか?

ここも気になったポイントでした。

考えられるのはガス会社や通信会社などという情報がでていました。まぁ個人で簡単にできるものでもないでしょうから、それなりの大手企業が多い気がしています。

また、具体的にこのあたりのプラン情報などが世に出てくるのは2015年度の秋頃からの見込みだそうです。

どんなものが出てくるのか、ある意味、ワクワクしますね〜

契約する電力会社が倒産した場合は?

さらに気になったのは電力供給会社が倒産したときの話です。

単純に考えちゃうと、倒産しちゃうと、電気が来なくなるのか?というところですね。

これまでは電力会社が倒産するなんてことは考えもしなかったことですが、一般企業が参入できるようになると、その会社がつぶれちゃうとどうなるのか?という疑問が湧きます。

こちらも、さすがに考慮はされているようで、仮にそのような事態が発生しても電力供給もとが既存の大手電力会社へ自動的に切り替わり、電力共有がいきなりストップしないような仕組みが構築されるそうです。

電力自由化についての分かりやすいサイト

ということで、私自身が電力自由化について気になった点をもとに調べた結果を書いて行きました。

今回いろいろなサイトで情報収集していく中でも、下記の「電気を選ぶ.jp」のサイトは非常に分かりやすく最新情報も出ているのでオススメです。
2016年の電力自由化が“いま”がよくわかるニュースメディア – 電気を選ぶ.jp

ということで、まだ2016年4月まで時間はありますが、状況をしっかりとウォッチしてお得な電力業者選びに備えたいと思います。

SPONSORED LINK