MacBookAir11インチに合うのぞき見防止フィルター「ELECOM EF-PFS116W」

最近は新幹線で移動することが多く、愛用のMacBookAirを新幹線の中で開くこともしばしば。

また出張先のカフェなんかで開くことも。

その時に前々から気になっていたのが、となりや近くにいる人の視線です。

別にまじまじと除かれているわけではありませんが、画面の中の内容が明々と見えるのはちょっと嫌だな〜と思っていました。

そんな時に便利なのが、ディスプレイののぞき見防止フィルターです。

真正面からだと画面が見えますが、ある一定の角度を超えると見えなくなる画面フィルターですね。

ということで、私の使っているMacBookAir11インチにも合うのぞき見防止フィルターを購入しました。

SPONSORED LINK

のぞき見防止の品質が高い「ELECOM EF-PFS116W」

今回、私が購入したのぞき見防止フィルターはELECOMの「EF-PFS116W」という商品です。

なぜ、この商品を選んだかというと、フィルターの品質(防止度)がいいからです。

というのも、実は会社のノートPCでもこのELECOMののぞき見防止フィルターシリーズを利用していまして、その品質が私の中でお墨付きだったというわけです。

このあと、その品質(どれほどの防止具合か)を写真でできるだけお伝えしたいと思います。

のぞき見防止フィルターは安物を買うと失敗する

このELECOMののぞき見防止フィルターですが、値段は3千円台〜4千円程とそれなりの金額になりますが、買って損のない商品だと思います。

というのも、ディスプレイののぞき見防止フィルター商品はさまざまなものがあり、金額も安いもから高いものまでいろいろと存在しています。

注意したいのは、安いものはやめておいたほうがいいということ。

私も過去にいくつかのぞき見防止フィルターを購入したことがあるんですが、値段の安さだけに惹かれて買ってしまったことがあるんですが、まぁ安いからにはそれ相応のモノということで、失敗した経験があります。

安物はなにがダメかと言うと、のぞき見防止の品質が悪い、つまり、画面が少し暗くなるだけで横からでもぜんぜん見えてしまうんです。

目的がのぞき見防止なんで中途半端なものを買ってしまうと、意味のない買い物になってしまいます。

ケチらず、お金をかけてしっかりと防止ができるものを選んだ方がいいでしょう。

今回はこういった経験と会社でも使っていたお墨付きという点もあり、迷わず、ELECOMののぞき見防止フィルターを購入したのでした。

では、実際に取り付けてみての感想をレポートします。

ディスプレイへの取り付け方について

まず、こちらが画面に取り付ける前の製品です。

少し硬いプラスチック板といった感じです。

ディスプレイへの取り付けは2パターンあります。

  • ディスプレイに完全に貼り付ける形式
  • ディスプレイから取り外しができる形式

私としては、絶対に「ディスプレイから取り外しできる形式」をおすすめしたいです。

というのも、ディスプレイって1人で見るのが普通ではありますが、自分の画面を相手に見せるシーンってのもよくあります。

こういう時って相手は斜めからディスプレイを見ることになるので、のぞき見防止フィルターがあると妨げになっちゃうわけです。

フィルターを取り外し可能にしておけば、こういう時に対応ができ、必要な時だけのぞき見防止フィルターを使うということができます。

ということで、私はフィルター取り外し形式でディスプレイへの取り付けをおこなったので、そのパターンでの紹介となります。

▼こちらが、ディスプレイへの取り付けパーツです。

こちらを分割して、ディスプレイの四隅に貼ります。

▼ちょっと見えづらいんですが、画面四方に先ほどの透明な取り付けパーツを張っています。

ここで、ポイントが画面上側の貼り付け位置は上端っこに貼り付けるのではなく、画面中央寄りの上側に取り付けることです。

どういうことかというと、こうすることで、のぞき見防止フィルターの取り外しと取り付けがしやすくなるからです。

▼見ての通り、フィルターは上から差し込む形で取り付ける形となります。なので、上側の取り付けパーツをディスプレイの目一杯上に貼り付けてしまうと、隙間がなくなり、フィルターの差し込み、取り外しがものすごくやりにくくなってしまうんです。

実際の防止具合

▼こちらがフィルターを取り付けた時の写真です。

画面が少し暗くなるのは避けれません。こればっかりはのぞき見防止フィルターの宿命と思ってください。

では、実際に検証です。

▼まずフィルターを付けていない時にだいたい斜め45度くらいから画面を見ると、当たり前ですが、画面の内容がまるまる見えます。

▼続いてフィルターを付けた時です。

先ほどと同じ角度から見てみると、写真の通り、ほぼ真っ暗で見えません。

グレートです!

実際に新幹線に乗った時に隣の席から見えないか確かめてみたんですが、いい感じに暗くなって何の作業をしているか分かりませんでした。

まとめ

ということで、のぞき見防止フィルターとしてはしっかりと役割を果たしてくれるELECOM EF-PFS116Wの紹介でした。

フィルターの品質はすごくいいと思いますので、フィルターをお探しの方にはおすすめです。

もちろんですが、MacBookAir11インチ以外のサイズも豊富にあるので、この商品がよさそうであれば、自分のパソコンのディスプレイサイズで探してみてください。

SPONSORED LINK