脱衣所の冷え対策に電気ヒーター(山善 消臭セラミックファンヒーター)を買っての感想

山善(YAMAZEN)消臭セラミックファンヒーターを使っての感想

2人目の子供ができてから、またお風呂場、脱衣所が慌ただしくなりました。

1人目の時は新生児だけでしたが、ここに、わーきゃー言い盛りの幼児(上の子)がいますから、そりゃあ大変です。

これが子供2人目の大変さか!ということを実感しています。

休みの日以外は、これを奥さんが1人でやっているので、ほんとに申し訳ない限りで、頭が上がりません。

SPONSORED LINK

脱衣所が寒いという問題

1人目の子供の時は春〜夏にかけての時期だったので、問題なかったのですが、2人目は冬に生まれたこともあり、お風呂を出た時に寒さが襲ってきます。

風邪にもつながることですし、脱衣所が寒いということがすぐに問題になりました。

我が家は脱衣所の近くに吹き抜けがあったりするので、普通の家以上に冷気が流れ込んで来るようです。(家を建ててみてから分かった、ウィークポイントです。)

ということで、この対策として、簡易的な電気ヒーターを買うことにしました。

購入したのは山善(YAMAZEN)消臭セラミックファンヒーター「DSF-VJ083(W)」

いつもながら、行きつけの電気屋さんで、品定めしました。

今回購入したのが、山善(YAMAZEN)消臭セラミックファンヒーター「DSF-VJ083(W)」という製品です。

電気式なので、スイッチを入れたらすぐに暖かい温風が出ます。

電気ヒーターは置く場所や広さにより。かなりの種類がありますが、今回購入したヒーターはトイレや洗面所(脱衣所)くらいのスペースで使える小型のヒーターになります。

そのなかでも、今回の商品を購入したポイントは以下になります。

  • ヒーター口が下の方にあった
  • 消費電力が少ない
  • お値段もお手頃

今回購入する目的というのが、生まれたばかりの2人目の子供への寒さ対策です。

子供をお風呂に入れる前と、出た後はタオルを引いた床に寝かします。なので、できるだけ、床あたりが暖まって欲しいということで、ヒーター口ができるだけ下の方に付いているタイプを選びました。

あとは、他の同じくらいの規模のヒーターの中で、消費電力が低くて電気代も安く済みそうだった点と、お値段もお手頃だったというところです。

手頃な大きさで持ち運びも簡単

大きさは横幅29.2cm、高さ45.3cm、奥行き13.6cmという大きさです。

重さもで、3kgで軽いです。

▼ヒーターの後ろに持ち運び用のとっても付いているので、片手で持ち運びが可能です。我が家ではお風呂に入るとき以外使わないので、普段は脱衣所の隅に置いていて、お風呂に入るときだけ、子供を寝かせるところが温まるように設置します。

山善(YAMAZEN)消臭セラミックファンヒーターの背面

機能もバランスよく付いている

▼コントロールパネル部分です。

温度は4段階で調節できます。

人感センサー(人がいなくなったら切れる)や、チャイルドロック、ヒーターを付けっ放し(5時間)にしていたら、自動的に電源が切れる安全機能も付いています。安心です。

あまり、気にはしてないんですが、製品的には消臭機能も持っているみたいです。

山善(YAMAZEN)消臭セラミックファンヒーターのボタン部分

脱衣所は暖かくなったのか?

で、肝心の脱衣所の温度は暖かくなったのか?ですが、ばっちり、暖かくなりました。

もちろん、数秒で暖かくなるわけではないんですが、お風呂に入る10分ほど前にスイッチを入れておけば、お風呂に入るときには脱衣所がほわ〜っと暖かくなっています。

おかげで、だいぶゆっくり、安心して、子供の服を脱がせたり、支度ができるようになりました。

そして、我が家ではそのままお風呂から出るまで付けっ放しです。

お風呂から出る時も、身体が温まっているとはいえ、やっぱり冬は寒いですからね。

2人目の子供はまだ新生児なので、風邪なんかひくと大変です。

冬を越すまでは、しばらく毎日お世話になりそうです。

SPONSORED LINK