一発で気に入りました!縦持ちのまま、横長写真が撮れるiPhoneアプリ「Verticam」がすばらしい!!

久々に一目惚れです。

アプリの紹介概要を数文字読んだ瞬間にダウンロードしてました。

そして、すぐにアプリを使って、1分後にはiPhoneのホーム画面入りしてました。

「Verticam」というすばらしいアプリの紹介です。

SPONSORED LINK

iPhoneを縦持ちしたまま、横長写真が撮影できる

このアプリの最大の売りであり、私が一発で惚れ込んだポイントが、iPhoneを縦持ちのまま、横長の写真が撮れるところです。

普段撮影する写真で横長の写真を撮る、つまり、iPhoneを横向きにして写真を撮る方は、このアプリのよさがすぐに分かって頂けると思います。

私も普段撮影する写真は横長がほとんどで、撮影する度に、iPhoneを横持ちし撮影していました。

iPhoneユーザーなら分かると思いますが、横持ちにするのは地味に面倒くさいんです。iPhone6になってからは大きさも大きくなり、片手で持ち替えずらく、固定も両手でないとうまくいきません。

縦持ちのまま、自分好みの横長写真の撮影ができるとどれだけ楽になることか。

「Verticam」はまさにこのかゆいところに手が届いているアプリです。

分かる人には分かる、本当にすばらしいアプリだと思います。

縦持ち撮影以外にも便利機能が豊富。そして無料!

このアプリ、ただ縦持ちで横長写真が撮れるだけではありません。

フィルター機能なども標準で準備されていたり、写真のサイズ(アスペクト比)も画面をスライドするだけで変更できたりと操作性にも気が配られてます。

詳しくは下記紹介ページにも書いてあるので見てみて下さい。

VARY :: iPhoneの縦持ち撮影が前提のカメラアプリ『Verticam – 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ』が登場!

片手操作にこだわるんだからホーム画面の右下でしょ。

iPhoneの縦持ち、つまり片手持ちになりますが、このアプリを最大限使うなら、片手操作にこだわりたいところです。

一発で私のホーム画面に入った「Verticam」ですが、起動を片手ですばやくするために、ホーム画面右下に配置しました。

これで、起動から撮影までスムーズに行えますよね。

開発元はVary合同会社

この「Verticam」はVary合同会社というiosアプリ開発を行っている会社からリリースされてるんですが、この会社の中の人は、これまでにも数々の便利アプリを開発されてきた@rivawanさんです。

これまでにも数々の便利アプリに私自身もお世話になってきた、私がファンでもある開発者の方です。

以前にオフ会で実際にお会いしたこともあります。

今回のアプリにもまたビックリさせられました。

ほんとに目の付け所が鋭いなと。

私のような使う側からしたらほんとに頭が上がりません。

すばらしいアプリのリリースありがとうございます!

Verticam – 縦持ち・ライブフィルタ・マナーカメラ
価格: 無料(記事掲載時の価格)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ

アプリをダウンロードする


taka(@takaiphone2010)でした。

SPONSORED LINK