死亡者のYahoo!プレミアム会員の解除手続き方法について

昨年、叔父が亡くなって、ゆるりと遺品の片付けなんかをやっています。

クレジットカードや銀行講座、車や保険など、いろいろとありますが、意外と忘れがちなるのがネット上でのサービス利用解除です。

無料のサービスならまだしも、有料サービスとなれば無駄にお金がかかるので、きちんと解除しておかないといけません。

有料サービスはだいたいクレジットカードでの引き落としなので、クレジットカードの引き落とし明細を見れば、分かると思います。

もしくはクレジットカードを解約すれば、引き落とし催促状なんかが来ますから、そこで分かることもありますね。

うちの場合はクレジットカードを解約したところで引き落とし催促状が届き、有料サービスのことが分かりました。

利用していたのはYahoo!プレミアムのサービスです。

Yahoo!オークションなんかを利用する際に登録が必要となるサービスです。

ということで、叔父が生前に利用していたYahoo!プレミアムサービスの解約をすることになりました。

SPONSORED LINK

IDは分かったが、パスワードが分からない

まず、解約については、会員IDとパスワードでログインするところから普通は始まるわけですが、IDは通知ハガキに記載されていたので分かったものの、パスワードが分かりません。

なんとなく考えられるようなもので試してみましたが、まぁ無理でした。

パスワードの初期化も調べてみたのですが、結局、必要な情報が揃えれず断念。

まいったな〜と思いながら調べていると、下記のようなページがあることが分かりました。

本人以外による有料サービスの停止受付フォーム

「ご本人以外による有料サービスの利用停止」というページです。

Yahoo!ウォレットヘルプ – ご本人以外による有料サービスの利用停止

こちらの案内を見ると、本人が亡くなっている場合のことについても記載がされいました。

この案内をもとに下記のフォームにて申請をしました。

有料サービス利用停止手続き申請フォーム

申請フォームでは、Yahoo!ウォレットに登録していたクレジットカード情報か、銀行口座情報が必要になります。

その2つが分からない場合には、支払方法不明ということで、亡くなった方の免許証や住民票のコピーが必要になります。

私の場合は支払方法が不明だったので、叔父の免許証のコピーと念のため死亡届けのコピーも添付して申請しました。

申請してから数日後、Yahoo!より入力したメールアドレスに解除手続きが完了した旨の連絡がきました。

ということで、死亡者のYahoo!プレミアム会員の解除手続き方法についてでした。

なかなか経験することではないですが、ID、パスワードを知らないと手続きってやっぱり大変ですね。(簡単だとまずいんですが。)

SPONSORED LINK