もう戻れないかも。外出の多いビジネスマンにはワンタッチ自動開閉折り畳み傘がおすすめですわ。

私は仕事柄、とにかく外出することが多いので、突然の雨に備えた折り畳み傘は必需品ですし、こだわりも持っていました。

以前に下記のような記事を書きました。当時は折り畳み傘でありながら大きさを求めていたので、それを実現する折り畳み傘とそれをスムーズに使いこなす私なりの工夫でした。

でも、世の中には便利なものがいくらでも転がっているんですね〜

実は半年ほど前から自動開閉式の折り畳み傘を使っています。経緯は後ほど書きますが、「これ、ほんとに便利ですね。」「もう手動の折り畳み傘にはもどれないかも。」です。

約半年利用していますが、使い勝手の感想も含めて紹介です。

SPONSORED LINK

自動開閉式折り畳み傘を使うことになったきっかけ

自動開閉式折り畳み傘を使うことになったきっかけは簡単です。

以前に紹介した大きいサイズの折り畳み傘をどこかに忘れて失くしてしまったからです。

そのときはショックでしたが、今となれば、このおかげで自動開閉式折り畳み傘の便利さを知ることができたのでよかったかなと思っています。

生活の中で必需品である折り畳み傘を失くしてしまったので、急いで次の折り畳み傘を買おうと思ったのですが、どうせ買うなら、同じものではなく、新しいものということで、以前から気になっていた自動開閉式折り畳み傘を探すことにしました。

(以前から自動開閉式の折り畳み傘の存在は知っていましたが、とにかく大きさを重視していた私は手を出していませんでした。

自動開閉式折り畳み傘は少し高いけど買う価値あり

今回言いたいことは、自動開閉式折り畳み傘は通常の手動式折り畳み傘より少し値は張りますが、買う価値ありだと私は思います。

もちろん種類はいろいろありピンキリだと思いますが、ものすごく安物でなかれば、しっかりお金を出す分だけの手軽さがあると思います。

約半年利用していますが、雨が降るたびに、開閉のわずらわしさが楽になるのはほんとに助かると感じます。

自動開閉式折り畳み傘のデメリット

便利な自動開閉式折り畳み傘ですが、もちろん、デメリットもあるので書いておきます。

  • 手動の折り畳み傘より値段が少し高い
  • 手動の折り畳み傘より重さが少し思い
  • 手動の折り畳み傘より大きさも少し大きい

すべてに「少し」と付けたのには、意味があり、最近の自動折り畳み傘は進化していて、本当に「これはないな〜」というような違いではなく、ほんとに「少し」と感じる差なんです。

でも、上記のデメリットなので、「コンパクトで軽くて」を優先される場合は、絶対に負けてしまいます。結局はどこに重きを置くかだけなんですけどね。

外出が多いビジネスマンにはまじでオススメ

私自身、外出の多いビジネスマンということで、折り畳み傘を利用するシーンが多い方には本当にオススメだと思います。

使えば使うだけ、自動開閉の恩恵を受けれますからね。

私の購入したのはBodyguard ワンタッチ自動開閉折り畳み傘

で、私の購入したのはBodyguardというメーカーの自動開閉式折り畳み傘です。

製品のスペックは下記の通りです。

・親骨の長さ:58cm

・傘直径:105cm

・傘面:118cm

・折り畳んだ時の長さ:30cm

・骨の数:10本骨

・重量:約445g

お値段は3,500円ほどでした。

手動の折り畳み傘で安いものであれば、500円くらいからあるので、たしかにそこから比べたら高いですけど、自動折り畳み傘のなかでは普通のお値段といったところでしょうか。

私がこのBodyguardの傘を選んだ理由ですが、私がこだわる傘のサイズ(大きさ)がそれなりに大きいことです。

傘の大きさが大きければ、折りたたんだ時のサイズも大きくなってしまうんですが、それでも私は傘をさしたときに小さすぎて濡れてしまうのが嫌でして。

もちろん、もう少しサイズが小さいものもあるので、探してみるといいかもしれません。

▼折り畳み傘なんですけど、けっこう高級感のある箱に入ってました。

▼折り畳んだ時の長さは30cmです。バッグに入れる時のことを考えると重要ですよね。

▼こちらが傘を開いた時の写真です。

実際の開閉の様子

私も購入する前に一番気になったのは開閉作業の実際の様子。探してみたんですが、この製品の動画はなかったので、撮影してみました。ご覧ください。

開くときは勢いよく開くので、ほんとにボタンでワンタッチです。

しまうときは、傘を折りたたんだ後、肢の部分を縮める際に少し力が入りますが、それ以外は簡単です。

まとめ

ということで、まとめです。

まず、外出が多くて折り畳み傘が必需品の方には私個人としては間違いなく自動折り畳み傘をオススメします。

自動開閉式折り畳み傘のメリットとデメリットは下記になります。

メリット

・開閉作業が楽。特に開く時。ここにつきます。

デメリット

・手動の折り畳み傘より値段が少し高い

・手動の折り畳み傘より重さが少し思い

・手動の折り畳み傘より大きさも少し大きい

数だけで言えば、デメリットのほうが多いですが、結局は手間をお金で買うので、自分の利用シーンと照らし合わせてどちらにメリットがあるかを考えるだけですね。

個人的にすぐ壊れそうでお金を出しただけの恩恵が受けれるか気になっていましたが、約半年利用していますが、性能も十分でしっかりしていて、価値ありと判断しています。

ただ、個人的な感覚ではあまりに安いものはなんの世界でも同じですが、やめたほうがいいと思います。やっぱり安物はすぐに壊れますから。

自動開閉式折り畳み傘を買うなら少々高くてもそれなりのお金は出して購入した方がいいと思います。

参考になればと思います。

SPONSORED LINK