<企画>あなたの今年一番心に残ったエントリー #ブロネク企画

SPONSORED LINK



写真 2012 12 21 0 19 34

どーも。taka(@takaiphone2010)です。

昨日、ブロネクオンエアー第2回目が終わりました。見ていただいた方ありがとうございました!

今回のテーマは「今年一番心に残ったエントリー」ってことで、参加メンバーそれぞれで、心に残ったエントリーを紹介しました。

見逃した方は、アーカイブがあるのでよかったらチェックしてみてください。
「ブロネク」:Blogger Next Door ブロガーのブロガーによるブロガーのためのGoogle+ハングアウト

SPONSORED LINK

Evernoteに貯め込んだWebクリップをひっくり返して探しまして、私が選んで紹介したのは下記の2つ。

@Takaiphone2010 のiPhoneからのEvernoteアクセス術 | punksteady

@Takaiphone2010 のiPhoneからのEvernoteアクセス術
こちらは私が今年の目標としていた寄稿記事。大好きな@ika621さんのブログ「punksteady」で、大好きなEvernote関連の記事を寄稿させてもらいました。

間違いなく今年一番気合い入れて書いたエントリーですし、思い出深いです。

とにかく寄稿はいいですよ。人のブログに書くので気は使うし、緊張もしますが、得るものは多かったです。

よかったら、読んでみてください。

Twitterの大衆化によってブログ界隈における『タイトル』に変化が起きている | ホームページを作る人のネタ帳

Twitterの大衆化によってブログ界隈における『タイトル』に変化が起きている*ホームページを作る人のネタ帳
もう1つは、Evernoteを見返した時に、読んだ時の記憶が鮮明によみがえったので、このエントリーを選びました。

配信でもしゃべったのですが、分かりやすく、説得力もあり、分析力もありで、すごくバランスがとれていて、印象に残ったエントリーでした。

こういうエントリーが書けたらなってすごく思います。

で、配信時間は約1時間なので、しゃべり切れなかったのですが、実はもう2記事用意していたのでここでご紹介。

セミプロブロガーの憂鬱 | Lifehacking.jp

セミプロブロガーの憂鬱:#01 プロブロガーの「プロ」には二つある | Lifehacking.jp

1つ目は、Lifehacking.jpの「セミプロブロガーの憂鬱」という連載記事。

著者の堀さんは私の尊敬する人の1人となっています。

別に自分はセミプロブロガーになりたいわけじゃないんですけど、メインの仕事をしながらあれだけ質の高い情報量をアウトプットできる堀さんにはいつも興味津々です。

この連載は特にブログに対する考え方、精神論的なことが書かれていて、かなりフムフムと読んだエントリーでした。

ブログを書く事が好きなら読んどいて損ないです。

【雑記】最近とても仕事が楽しい/社畜という言葉が嫌い | Hacks for Creative Life!

【雑記】最近とても仕事が楽しい/社畜という言葉が嫌い | Hacks for Creative Life!

そして、最後は@beck1240さんのHacks for Creative Life!でのエントリー。タイトルにも雑記とあるくらいなので、どちらかというと、たわいもないエントリーだったのかも知れませんが、私にはかなり染みたエントリーでした。

最近はノマドという言葉が流行ったり、独立やフリーで働くことに注目がいっていますが、よく言われている通り、意味を間違えてとらえている方もいます。

会社で働くことがいけてないとか、このエントリーで書かれている「社畜」という考え方になっている人に少なからず私も会った事があります。

会社に飼われてるとか、会社で働くサラリーマンが疲れてる、っていうイメージはもう古いような気がします。

ぜんぜん疲れてません(まーたまには疲れますけど)。みんな自由に楽しく会社で仕事をしてる時代です。

会社に属しているとか、属していないかはまったく関係ありません。

まさに自分も思っていた事が文章になっていたのがこのエントリーでした。

ということで、2012年で私の心に残ったエントリーでした。

この、「あなたの今年一番心に残ったエントリー」はブロネクでの企画となっているので、ハッシュタグ 「#ブロネク企画」を付けて、みなさんの心に残ったエントリーもぜひ教えてください。

SPONSORED LINK

関連記事(広告含む)