【フレッツ光】無線LAN環境での実際の速度計測結果について

Flets speed

自宅のインターネット回線をフレッツ光に変えてから約半年が経ちました。快適に利用できております。

フレッツ光を契約する前は、実際どれくらいのスピードがでるのかなと気になっていました。

特に我が家は一戸建てで、無線LANを利用して家中から利用したいと思っていたので、実際にどれくらい電波が届いて通信速度がどれくらい出るかは気になるところでした。

今回は我が家のインターネット環境の紹介と合わせて、フレッツ光での実際の通信速度がどれくらい出ているのかを参考までにお伝えしようと思います。

一戸建てで光回線を無線LANルーターにて利用しようと思っている方には参考になると思います。

SPONSORED LINK

我が家のインターネット環境について

まず、我が家の環境についてです。

我が家は木造2階建ての一戸建てでして、1階、2階合わせて約260平米の大きさです。建坪で言うと、約40坪ほどですね。

大きすぎず、小さすぎずの日本の一般的な一戸建てと言えると思います。

インターネット回線とプロバイダ

我が家のインターネット回線と契約しているプロバイダは下記になります。

分類 名称
回線 NTT西日本フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
プロバイダ ExciteBB
無線LANルーター NECのAterm WR9500N

ちなみに利用している無線LANルーター(NECのAterm WR9500N)はこちらです。

無線LANルーターの設置場所

▼下記が我が家の概要を示した図です。フレッツ光の回線は2階に引き込まれていて、★マークのところに無線LANルーターを設置しています。
無線LANルーター設置場所

以降、この概要図をもとに計測ポイントと計測速度を書いていきます。

各ポイントでの計測結果

無線LANルーター近く

Musenlan chikaku
まずは、2階の無線LANルーターの目の前での計測です。計測時間は夕方ごろになります。

▼速度の計測結果がこちらです。
Sokudo near
下り:19.41Mbps
上り:19.62Mbps
それなりのスピードが出ています。

リビング(無線LANルーターから少し離れた場所)

Living point
続いてはリビングです。無線LANルーターを設置した場所から3メートルほど離れていますが、壁などもなく近い場所です。

▼計測結果がこちらです。
Living
下り:17.87Mbps
上り:18.14Mbps
下りは少し下がっていますがこれは誤差の範囲でしょう。ほとんど変わりないと思ってもらえればいいと思います。

1階部屋(無線LANからは一番離れた場所)

1kai point
続いては1階の部屋です。無線LANルーターから見れば一番離れた場所と言えます。

▼計測結果は下記です。
1kai
下り:12.43Mbps
上り:12.88Mbps

さすがに、距離が離れたので、速度が低下している模様です。
ただ、体感的には特に遅さは感じないレベルです。

1階書斎(無線LANルーターの下付近)

最後に1階の書斎です。ここは2階の無線LANルーターからすると、1階天井(2階床)を挟みますが、比較的近い場所になります。

▼計測結果です。
Syosai
下り:20.81Mbps
上り:19.25Mbps

なんと、無線LANルーター近くより早い速度が出ました。
ただ、これも誤差の範囲です。速度計測は常に一定の値を示すものではなく、計るタイミングで都度都度変化するので、ここの結果としては、天井(床)を挟んでも無線LANルーターに近ければ、電波は十分届いていると言う事ですね。

まとめ

ということで、一戸建ての我が家の例で、フレッツ光回線で無線LANルーターを利用した場合の速度計測の結果を共有しました。

家内の近い場所から壁や階を超えての遠い場所まで各ポイントで計測してみたので、少しは参考になるのではと思います。

実際に計測してみての結論としては、「普通の一戸建ての家内であれば、無線LANルーターを1つ用意すれば、どこでも十分電波も届いて、普通にインターネットができる」というところでしょうか。

もちろん、家の造りや契約プロバイダ、利用する無線LANルーターで状況は変わってくると思いますが、私の場合はプロバイダも一般的に遅いと言われている「ExciteBB」、無線LANルーターも型落ちの少し古いものと決して速度を求めた高価な環境ではありません。

そういった環境でもインターネットは普通に快適に利用できる速度であるということです。

ここで言う「普通に快適」というのはインターネットサーフィンをしたり、動画をちょこちょこ見たりするようなライトな使い方と思ってください。

インターネットを通じてゴリゴリと大容量のデータ通信をする場合などは、我が家のような環境だと難しいのかもしれません。(そういった利用をしたことがないので、正直分かりません。)

▼以前に私がインターネット料金の見直しをしたときの手順などをまとめた記事です。
【インターネット料金の見直しと節約】私の選んだ回線・プロバイダーの紹介と見直し方法のまとめ

フレッツ光の契約など、インターネット回線、料金の見直しを考えられている方は参考にしてみてください。

SPONSORED LINK