これからライフログを始めたい人へ。まずはオススメしたいiPhoneアプリ。

Large 2431704208 1
photo credit: William Hook via photopin cc

どーも。taka(@takaiphone2010)です。

去年を振り返ると「ライフログ」というワードはいろいろなところで聞いたり、見たりすることも多く、世の中的にもだいぶ認知度が上がったんじゃないでしょうか。

私もライフログを取り始めてもう1年以上経過しました。

年始めは、新しいことに挑戦するのにもいい時期です。

ライフログに興味がある方は、この機会にぜひ、ライフログを始めてみてはどうでしょうか。

ということで、個人的にライフログを始めるのにオススメするiPhoneアプリを紹介してみます。

各シーンごとに分けてみましたが、すべてをやる必要はないです。まずは、自分がとってみたいと思った項目からはじめてみるのがいいです。

SPONSORED LINK

ライフログの保存場所

まずは、ライフログを保管する場所ですが、Evernoteに貯めて行くことをおすすめします。

Evernoteとは文字情報や画像、写真、音声、動画などなんでもノートという単位で保存ができるネット上のサービスです。ライフログを保存するのにも適しています。
すべてを記憶する | Evernote

この後、紹介するアプリもアプリ自体からEvernoteへ情報を送信する機能が付いているものが多いです。

もしEvernoteへの連携機能がなくても、Evernoteに情報を直接書き込んだり、メール送信したり、情報を連携する方法はいくらでもあるので、手軽にEvernoteにライフログを貯めていけます。

Evernote 5.1.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote – Evernote
+ iPhone/iPadの両方に対応

写真

ライフログでまず一番手軽にできてことは日々の生活の中で写真を撮って行くことです。

ライフログとしての写真はモノや風景などをとることが多いです。日々の生活の中で写真をとるので、気になるのがシャッター音です。

下記の2つのアプリはどちらもシャッター音も消す(静音)ことができるライフログの写真撮影には最適なアプリです。

FastEver Snap 2.4.2(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, 写真/ビデオ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment

▲こちらは、撮影した写真がそのままEvernoteに連携されるアプリです。

OneCam(静音, 連写, ジオタグ) 4.1.5(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: Walker Software – masahiro seto

▲こちらのアプリは私が愛用しているカメラアプリです。サイズ変更、撮影モード切り替えなどがやりやすく、このあと紹介する他アプリとの連携機能が豊富です。


PictShare – multiple photos/movies uploader 3.2.3(¥250)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: itok – 啓 Ito
▲PictShareは写真や画像データをクラウドサービスに一括してアップロードできるアプリです。

最初に紹介した、Evernote(クラウドサービス)に撮り貯めた写真をアップロードするのに便利です。

ライフログをとるのにはなくてもいいアプリですが、Evernoteに写真を貯めて行くなら、作業がものすごく楽になります。

メモ(テキスト)

メモ(テキスト)と書くと、素っ気ないのですが、日記と言えば、分かりやすいかもしれません。日記は昔からあるものですが、まさにライフログです。

でも日記というと、なんかめんどくさいとか、続かないという思考が働きます。ここで、メモと書いたのは、普段何気なくとるメモはもちろん、考えたこと、思いついたことなどを文字情報にして断片的にでも残しておくことでそれがライフログになるからです。

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ 1.9.10(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment
▲こちらはメモ書いたら、すぐにEvernoteに保存してくれるアプリです。ライフログを続けるポイントはいかに手軽にできるかなので、Evernoteに情報を入れるのであれば、究極と言えます。

EverGear – Evernote投稿ツール 2.0(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
販売元: Lakesoft – Hiroshi Hashiguchi

えばろぐLite – Log for Evernote 2.8(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Tea Leaves, LLC. – Tea Leaves LLC.
▲上記2つのアプリはどちらも同じような機能を持ったアプリなのですが、Evernoteへ情報を保存する時にあらかじめテンプレートを作っておくことができます。
ライフログをとる時に、仕事でのメモはこの形式、趣味でのメモはこの形式と、分けて保存する時に便利で役立ちます。私はえばろぐを使ってます。

行った場所

スマホの登場でライフログ化できるようになったのが位置情報です。

つまり、自分が行った場所情報を記録していけます。位置情報記録サービスでは「Foursquare」が有名です。

Foursquare 5.4(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 旅行
販売元: Foursquare Labs, Inc. – Foursquare Labs, Inc.
▲こちらは「Foursquare」の公式アプリです。

自分が訪れた場所でアプリを開きチェックインという作業を行うだけでログ化できます。

QuickIn 1.0.2(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ナビゲーション
販売元: itok – 啓 Ito
▲こちらも、「Foursquare」へチェックインできるアプリですが、公式アプリより、よりスピーディーにチェックインができるように作られたチェックイン専用アプリです。私はこのアプリを使ってます。

食事

食事の記録はライフログ代表格です。

毎日食べたものを写真1枚とっていくだけで、ライフログ化できます。

ミイル【魔法のお料理カメラ】 miil-Food camera for iPhone (毎日のクッキングや外食のおいしい写真とレシピを簡単共有!FacebookやTwitterにも投稿できる無料のグルメ&ソーシャルアプリ) 3.1(無料)App
カテゴリ: フード/ドリンク, 写真/ビデオ
販売元: FrogApps, Inc. – FrogApps, Inc.
▲「miil」はライフログというより食べ物の写真を軸としたSNSなのですが、このアプリを使うと、食べ物がより美味しそうに写せます。

またそれをSNSに流すことで他の人からの反応を、もらえたりするので食事記録が楽しくなります。

私の場合は自分のお気に入りの料理やみんなにもシャアしたいものだけをこのアプリで記録しています。

普段の食事は単純に写真撮影をしているだけです。

Evernote Food 2.0.1(無料)App
カテゴリ: フード/ドリンク, ライフスタイル
販売元: Evernote – Evernote
+ iPhone/iPadの両方に対応
▲こちらは、今は私は使ってないのですが、食べ物の写真をEvernoteにすぐにアップロードできるアプリです。

このアプリでライフログをとられている方も多い人気アプリです。

作業記録

続いては作業記録です。

日々自分がこなしていくタスクもライフログとして残しておくといいかもしれません。

MyStats 1.31(無料)App
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
販売元: NEOREX Co., Ltd. – NEOREX Co., Ltd.

▲こちらのMyStatsは目標を、達成するための自己管理アプリなのですが、自分で好きな項目を設定して時間や回数を、記録していけるので、ライフログアプリとしても使えます。記録した、内容が円グラフや折れ線グラフで見返せるのがいいところです。Evernote連携ももちろんあります。私も愛用しているアプリです。

iライフログ 1.2.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Natz Soft – Norio Natsume

▲こちらは、自分の日々のタスクを登録しておいて、そのタスクを何時から何時までやったかを記録して、そのままEvernoteに保存できます。

マネー

マネー(お金)のログ、つまり、言い換えると家計簿ですね。

Zaim 無料の家計簿でお金を節約 2.1.0(無料)App
カテゴリ: ファイナンス, ライフスタイル
販売元: tinymonks – TAKAKO KANSAI
+ iPhone/iPadの両方に対応

Paylog – かんたん支払い記録 1.2(¥85)App
カテゴリ: ファイナンス, ライフスタイル
販売元: itok – 啓 Ito

▲家計簿アプリは山のようにありますが、上記2つはEvernoteにもちろん情報連携できますし、使いやすく人気の高いアプリです。

睡眠

睡眠は人間なら必ずあるものです。

睡眠ログをとっている方はライフロガーでも多いと思います。

Sleep Time+ Alarm Clock and Sleep Cycle Analysis with Soundscape for Health and Fitness 2.1.0(¥85)App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ユーティリティ
販売元: Azumio Inc. – Azumio Inc.
▲現状、私は睡眠ログは上で紹介したMyStatsで時間だけをとっていますが、昔、このアプリで睡眠ログをとっていました。
日本語でなく、ちょっと初心者向けでないかもしれませんが、睡眠時間はもちろん、自分の睡眠状態など細かく状況を記録していけます。

買い物、アイテム

続いては買ったもの記録です。

メディアマーカー 2.2.0(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル, ビジネス
販売元: ClickAssist – ClickAssist

▲メディアマーカーは本やDVDを中心にアイテム情報を取得してログとして残していくことができます。アイテムについてはAmazonで検索できるので、だいたいのものの情報が取得できると思います。

読んだ本はもちろん、買ったものをログとして記録しておくのに最適なアプリです。


BookEver 1.2(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: Kztmy – Kazuto Miyai

▲こちらの「BookEver」は本の情報をEvernoteに取り込めるアプリです。

特徴としては本のバーコードを撮影するだけで、本の情報を取得してくれます。

読書ログを残すのにはよいアプリです。

音楽

最後は音楽です。音楽をまったく聴かないという人も少ないと思います。あの頃はどんな音楽を聴いていたんだろう?と思うこともあります。聴いている音楽もログ化できます。

MusicEver – Music、Audiobooks、Podcastsの再生履歴をライフログとして記憶する! 1.1.2(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ミュージック
販売元: Studio Dec to July – Takashi Kato
▲この「MusicEver」はその日1日にiPhoneで聴いた音楽情報の一覧を取得して、Evernoteへ保存してくれるアプリです。

まとめ

ということで、個人的に自分が実際に使っているアプリや過去に使ったことがあるもの含めて、オススメのアプリを書いてみました。
私がEvernoteをすべての母艦としているので、Evernoteびいきになりましたけど。

シーンはライフログということなので、できるだけ生活によく出てくるシーンについて選んでみました。

他にもスポーツや勉強など人によってとっているログは様々あるとは思います。

ライフログに興味ある方はひとつの参考にしていただけたらと思います。

SPONSORED LINK