先月の心に残った言葉(2012年3月)

SPONSORED LINK




heart_word
photo credit: JD Hancock via photopin cc

どーも。taka(@takaiphone2010)です。

先月から始めた「心に残った言葉」。ライフログの1つとして残している、心に残った言葉や文章などについて、3月に記録したものから振返りを含めてピックアップしてみたいと思います。

SPONSORED LINK

ぬるさが一番長く続く秘訣

朝のニュース番組にでていたバンド「いきものがかり」がバンドがながく続いている秘訣について語っていました。自分たちのバンドはプライベートは別々で必要な時だけ集まり、音楽に対してもあまりガツガツしていないのだそうです。これを言葉で表すと「ぬるさ」だと言っていました。SNSなどの世界でもよくでてくる「ぬるさ」とか「ゆるさ」。あまりにもお互いを干渉したり縛りがきつすぎると、人間はやっぱり疲れを感じるんでしょうね。なんとなく自分の中にヒットした言葉でした。

アイデアも時間もあったけど、能力と資本、セルフブランディングは全くなかったあの頃

@beck1240さんのブログに出てきた文章。下記の記事です。
【第4回NSLセミナー】カメラ小僧の狙い/5年前・今・5年後の自分に想いを馳せる #nsl4 « Hacks for Creative Life!

自分が完全に重なるわけではありませんが、@beck1240さんとは歳も近いので、この記事を読んですごく共感しました。社会人になったばかりには自分なりにガツガツといろいろなことを考えたものです。でも、この文章にある通りでしたね。今もそんなに変わっていませんが、、、

人目に自分を晒す

@shigotanoさんのつぶやきにあった一言。「人目に自分を晒す事は究極的には人と人との関係の中で生まれ、そして進められていくので、自分が人からどのように見られているか、という意識は常に持ちつづけておきたいところです。」という内容でした。確かにその通りだなと思いました。ブログを書いているということも1つの晒しなわけです。晒すからには「自分が人からどのように見られているか」は意識して行きたいですね。

これからの時代は会社内個人が生き残る

日経Associeの特別号「仕事をサクッと片付け人生を楽しむ89のコツ ライフハックカタログ」を読んで、中に書かれていたワードです。「個人の時代」最近はよく聞く言葉です。でも、これは決して独立しないといけないということではないです。そういった意味でもこの「会社内個人」という言葉はしっくりきました。会社の中でもオンリーワンと言われるスキルやパフォーマンスを出せるような人材が必要とされているような気がします。自分もそんな人材になりたい。

以上、先月、私の心に残った言葉でした。

SPONSORED LINK

関連記事(広告含む)